落とし穴ばかりなのです。。中1数学。

このペースで行くと
4月の更新回数を上回ることはできないので、
やる。
今週のまとめのような形になるのですが、
中1の数学について。
現在、加減を終わり乗除に入っているのですが、
振り返ってみると、やはり中1が陥りやすい
落とし穴はこの時期多いですね。
しかも、ある意味、サイレントキラー。
できたつもりになってしまいミスをするという
ケースが目立ちます。
仕組みとしてはみんな理解はできるのです。
しかし、間違う。仕組みがわかっているから、
ケアレスミスだよで流す。次は気を付けようで。
ところが、ミスは収まらず、学期末テストを
迎える。
というパターンです。
中学校前半の数学のミスの多くは+・-に
かかわるものだと僕は思うのですが、
これが案外、尾を引きます。
気づかないうちにどんどん点数を侵食していくのです。
この予防策は、ある意味やるしかない。
わかっているとは思うけど、繰り返し繰り返し
漢字練習のようにしていくしかないのです。
わかっているからということで練習を忌避すると
本番で実力は出せません。
わかっているからこそ練習してくれ。
わからないのであれば説明するけれど、わかっているのならば
練習です。
よくケアレスミスがおおいのです。
というお話は聞きますが、ケアレスミスだと思って
練習量が足りないということもまた多いのです。
とにかく練習させていきますよ。
そして、累乗です。
累乗だけなら、あるいは
落ち着いたら、累乗のことはわかっているのですが、
計算の流れの中でミスをします。
これも簡単にできるミスの防止策は
あるので、今後、四則演算に入る流れの中で
説明していきます。
文字式と正負の数の計算。
今後の中学数学のカギを握ります。
徹底してやっていきます。
札幌市中央区 小中高学習塾 PAT共育ゼミナール

Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Print this page
Print

共有をお願いします。。。PAT共育ゼミナール(札幌市中央区)

無料体験期間開始。定期テスト対策授業。

以前も書きましたが、
うちは講習会時に無料体験は実施しません。
それは今いらっしゃる方に向けた
特別なオプショナル○○日間。だからです。
基本的に内容も濃く、時間も長く特別なことを
して差し上げたいと考えています。
しかし、
通常授業のお味見期間は必要ではないかとは
思っていますので、
5月20日(月)から6月15日(土)までの期間は
特別無料体験の期間とさせていただきます。
教材費も必要ありません。
入塾を決めていただいた時点で教材費は
頂戴しますが、使わない教材だけ増えるのは、
保護者の方のストレスを増やすだけではないかと
思います。
たとえば、うちの息子の進研ゼミ教材とか。
よろしければ、ぜひお受けいただければと思います。
受けていただいた方が入塾していただく場合は
入塾金もいただきません。
よろしくお願いいたします。
札幌市中央区 小中高学習塾 PAT共育ゼミナール

Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Print this page
Print

共有をお願いします。。。PAT共育ゼミナール(札幌市中央区)

GW宿題締切日

あまりにもゴールデンウィークを楽しみ過ぎた方が
多かったので、
GW宿題の締切日を以下の通りに定めます。
出してくださいね。
5年生 5月14日(火)
6年生 5月13日(月)
中1生 5月15日(水)
中2生 5月15日(水)
中3生 5月16日(木)
以上、
よろしくお願いいたします。

Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Print this page
Print

共有をお願いします。。。PAT共育ゼミナール(札幌市中央区)

見せる授業。。

授業の動画を見たりもします。
昔に比べてなんと科学技術が進歩したことでしょう
とか
思うのですが。
同時に私にはできない授業だなとも思います。
皆さん上手にされている。
前も一度書いたような気がするのですが、
僕はかなり細かく状況の設定をしないと模擬授業一つ
できない不器用なところがあります。
基本授業というのは生徒さんがあるから成立するものですが
それはいればいいというものではなくて、
たとえば、偏差値が70の生徒と50の生徒では
当然語るべき内容が変わってきます。
また、志望校や定期テスト向けでどの中学に在籍するかでも
話す内容は変わってくるはずなのです。
A中学とB中学で同じ問題が出るとは限らないから。
一人一人の性格や個性で当然リアクションは
変わってくるはず。そのリアクションを含めてシミュレート
しないと授業は成立しない。
確かに、ここまでのことが必要だからという基準はある。
でも、それがすべて含まれているからいいでしょ。
とは思わなくて、伝わり方も考えなければいけない。
たとえば、野球部の子であれば野球を例にひいた方が
わかりやすいのではないかと思うし、音楽をしている子であれば
それの方が、定着しやすいのではないかと思う。
だから、台帳には保護者から見た性格や趣味の欄まであるのです。
生徒の嗜好も一定程度押さえておきたい。授業で効果を上げるために。
つまり、クラスそれぞれで話す内容は違うし、例も違う。
同じで均質な授業ではない。2度と同じ授業はできない。
インタラクティブなものではあると思うのだが。
塾だから均質。どの教室でも同じ授業ですよ。
これは、企業では当たり前だけれど、生徒に状況に合わせるから
うちは個性的です。
だから、見せるための授業はうちは一切やりません。
年度やクラスで違うものを見てもらっても仕方ない。
上手だなと思ってもらってもあまり意味はないから。
そもそも上手な授業なんてできない。
対象がリアルでないと。
受けて伸びるための授業をやります。その子にとって、
一番わかりやすい形で。
ただ、話す内容のレベルは下げませんよ。
鍛えるは前提にありますからね。
札幌市中央区 小中高学習塾 PAT共育ゼミナール

Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Print this page
Print

共有をお願いします。。。PAT共育ゼミナール(札幌市中央区)