実績張り替え中。PAT共育ゼミナール

本日から実績を今年度分含めたものに
張り替えています。
すこし字を小さめにしています。
札幌南は2年連続になりましたね。
まあ、僕が昔からよく言われていたのは
大阪でも北海道戻ってきても。
中学校の1位の生徒を確保しろ=塾生にしろ
ということでした。
すると、それに合わせて生徒数が伸びると。
それは現実的に自分も何回かやったことがあるので
一面の事実です。
その学年は膨れます。その生徒につられてというと
言葉は悪いですが、生徒が集まるのです。
ですから、どこかの塾でしている学費免除とかは
塾のためには意味のあることなのです。
でも、免除される分は成績の悪い子が負担する。
君も頑張ればいいじゃないかという理屈は
ありますが、150人の生徒がいたとして、
その座は果たして、何個あるのでしょうか。
ここでも敗北が普遍的な光景なのです。
うちが成績優待だけは絶対に導入しないのは、
成績さえよければ、人格的に問題があってもいいのかな
塾だから成績は大切なのだけれど、
もっと評価について多面的であっていいと思っているから
なのです。長く付き合えれば、少しでも人間的成長に
寄与できるから、継続優待なのです。
それに、いろいろトップ層の子は見てきましたが、
その塾でなければトップに立てなかっただろうな
という塾も生徒もあまり記憶がないのです。
札幌では特にそのように感じます。
大阪や兵庫では話はまた別ですが。
つまり、トップの子はどこの塾であってもトップに
立てる。その塾である必要はない。その子ががんばったから
トップなので、塾が大きくそのトップについて介在している
わけではないように思います。
人間関係云々はありますが、うちの塾じゃなくても
こいつは1番とれるなという子は何人も見てきました。
だから、どこの塾も通わずに1番になる子がいたり、
ある年は受験生数も多く、実績も出たが、
次の年には急降下などというパターンの塾はよくあります。
一定数が集まれば、実績は出ますし。
何度も繰り返しになりますが、PAT共育ゼミナールが
目指すところは、ただひたすら、実績ではない。
本当に一人一人の子供たちが自分でものを考えられる大人になること
自分で生きる力を身につけられるようになること。
成績や合格はその過程、途中経過であり、ゴールではない。
ゴールは自分で決めるものと理解し、成長してほしい。
とはいえ、小6は例年通りの平均点ならば、
クラスの半分くらいは道コンの成績優秀者に
のるかな。
とはいえ、中2は自己ベスト更新している子が多いかな。
中3は鬼のよう鍛えまくる。ご覚悟を。
中1は8月にはかなり上げられるでしょう。
その点には自信が持てます。根拠は中1生の意識です。
それを作るのにも時間がかかった気がするけど。
札幌市中央区 小中高学習塾 PAT共育ゼミナール
ぽおっと発信 札幌市中央区 学習塾PAT共育ゼミナール代表のブログ 

Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Print this page
Print

共有をお願いします。。。PAT共育ゼミナール(札幌市中央区)

なかなか講習モードから。。。PAT共育ゼミナール

春期講習が終わっても、
なかなか教室が片付きません。
整理している間に、新教材が
大量の段ボールとともに届き、
その整理をしているうちに、生徒さんの来る時間になる。
まあ教材の整理は終了したので、
ばっちこい状態ではあるのですが、
年末、いろいろ忙しいとはいうものの
塾は新入生を迎えるこの時期が
忙しいと思います。
追加で教材の注文もしましたし、
あとは何だ?
入退室管理の登録もしないといけない。
基本、うちの塾は
親としての僕自身がこんな塾であったら
いいなを体現していくステージであると
規定しています。
サボらないか心配、
帰りが心配、
成績が上がるか心配。
情報がなくて心配。
いろいろな心配が親にはあるはず、
それは僕と共通していることも、共通していないこともあり、
また、優先順位も違うはずだから、
お話の場がある。
トータルで預けて安心を目指すべきなのかな。
人に感動を与えられるほど、自分は優れた人間ではないし
計算して与えられるほど、人間の感動も安っぽいもの
ではないと思うのです。
だから、きっとうちに感動はない。
結果として、感じてもらえたら、僕の仕事的には
大変うれしいのですがね。
そんな、気持ちを込めてチラシは配布してきました。
折り込みいれないですから。
新規の生徒を獲得するために折込を入れるのならば、
その分今いる生徒さんの受講料を引き下げます。
継続割引で。
あっ。はや。もう、本日の速読受講生が来てしまった。
札幌市中央区 小中高学習塾 PAT共育ゼミナール
ぽおっと発信 札幌市中央区 学習塾PAT共育ゼミナール代表のブログ
 

Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Print this page
Print

共有をお願いします。。。PAT共育ゼミナール(札幌市中央区)

今年のPTA。PAT共育ゼミナール。

今日はよくわかりません。ハチ公の日だそうです。
全市的に中学校の入学式で、
チラシの配布&ご挨拶をしてまいりました。
ところで
先日、電話を頂戴しまして、高校のほうの
PTAの役員を何かお引き受けすることになりそうです。
私自身はストロングスタイルのPTA活動を貫いているので
誰の挑戦でも受けます。まあ、いいかえれば、
「何かをしてください。」
と言われれば、当たり前のように、
「僕のできることならばなんでもお引き受けします。」
とお答えします。
それは小、中、高、問わずです。
小は主に嫁の担当ですが。
PTAの活動というのは、
僕は能力的な「できるか」の問題ではなく、
むしろ、意志としての「やるか」の問題だと
考えています。
能力的な意味では、できないことはできないのだから
仕方がない。それを補うための組織活動だと思うのです。
言ってしまえば、仕事が忙しくないわけではない。
作ろうとしなければ、時間など作れるわけはないのでですし。
それに、新しい経験ができるのではないかな。
と少しワクワクしてしまいます。
何の因果かわかりませんが、子供たちの親になってしまいました。
15年前の僕は親として未熟でありました。
しかし、子供の成長とともに親として少し成長できているのかな
とも思います。
その中で、意志さえあればもっと成長できるように思います。
そのきっかけが、中・高のPTA活動にも求められるかな。
ワクワクを成長に結びつけることは、
うちの塾としても実践したいことです。子供に何かを求めるならば
まず自分から。
その点において、妥協は許されないとぼくは考えています。
というわけで、札幌東高校の皆様、十分ではありませんが
今年もよろしくお願いいたします。
札幌市中央区 小中高学習塾 PAT共育ゼミナール
ぽおっと発信 札幌市中央区 学習塾PAT共育ゼミナール
 

Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Print this page
Print

共有をお願いします。。。PAT共育ゼミナール(札幌市中央区)