地域一番は目指してないのです。

ついこないだまで会社勤めだったので、
よく言われたのが、地域一番店になろう。といことで、
それは明らかに正しかったと思います。

直営系生徒数全国№1の塾としては目指す方向として、
全く間違っていないのです。
出来ればシェアを100%握り、ブルーオーシャンを築く。
あるべき姿なのですが。

独立した今、私は地域一番店はほかの塾さんにお譲りしよう。
と考えています。
地域一番とは何が地域一番なのでしょうか?
人数?合格実績?人数のもととなるはずのサービス?
まあ、4月から人数が増えるにせよ、
私一人で切り盛りする塾なので。。。
多分人数としてはどれだけ学年バランスが良くても80は超えない。
実績は大量に集めて大量授業をする。塾にお任せします。
1クラス16人まで、それ以上来たら断るうちの塾には無理なのです。

しかし、来ていただいた方の満足感は100%にしたいというか
不満足な部分はなくしていきたい。

だから、地域ナンバーワンのサービスは目指さないけれど
来ていただいた方の100%満足は目指していきます。
多分、私に求められるものは多種多様で満足のツボもいろいろあると。
そのツボを押さえていくように心がけたいなと思います。

あとは私が出会った方とのつながりを大事にしていきたい。
私は心が狭く、また、誰に対しても親切な人間ではありません。
そんな自分であるからこそ、一度かかわりができた方を最優先で考えたいな
と思っています。
こんな仕事ですから、出会いは当然あるけど、それはおそらく私の
200代前の先祖の数よりは少ないと思います。

だから、一度お知り合いになれたことを大切にしたいのです。
教える内容に差がついたり、取扱いに差が出るわけではないけれど
以前在籍した塾の塾生、卒業生、私の友人の子供たちはには
また出会えてありがとうという意味で授業料はサービスするのです。
多分、正規の方から比較すると2割引きから5割引きくらいになっているかな。

現在の中3はほとんど受講料はいただいていません。
2月、3月の間は。
深くかかわりを持っていただける方ほど満足感が高まる形にしたいな
と思います。

Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Print this page
Print

共有をお願いします。。。PAT共育ゼミナール(札幌市中央区)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください