中3定期テスト対策 PAT共育ゼミナール

1学期は1回しかない札幌の中3の定期テストですが、
中学校によって、進度はまちまち。
今後のことを考えると少なくとも平方根の終わりかけ
くらいは進んでおいてほしいのですが、
未だに因数分解でとどまっている中学もあります。
北海道教育大学附属札幌中学ですね。
うちにも一人います。
で定期テスト対策なのですが、
得点差がつきやすいのは式の利用。乗法公式の応用です。
平方根までが範囲になるとすれば、
さらに範囲が拡大し、平方根の利用と平方根の考え方。
計算は数をこなす傾向にあるから、比較的得点を取れる生徒が
増えてくるのですが。。。
その式の利用を一昨日、昨日とターゲットにしています。
問題としては、
①式の証明、②乗法公式を使った計算の工夫。
③数表を用いた証明。④図形を用いた証明。
①と③の焦点は式で文字の中身をいかに表すかです。
ここができないとかなり厳しいことになります。
後半は実はあまり重要ではないというか、きちんとあらわすことさえできれば
図形の中2でやった証明よりもはるかに書きやすい。
だから、この表す部分にもコツがあるので
そこの習得に僕としては力を入れています。
正直ここ以下は解答を見てわからなければ質問。
あるいは、一人一人目を通して、OKと不十分な際のアドバイスを
しています。
②はパターンの習得。定期テストレベルであれば、
乗法公式をそのまま当てはめるという形で十分なケースが多いのですが
少しひねった問題では、そのまま計算させた方が速いんじゃね
みたいな問題もあります。
指定のない限り、そのまま計算してもいいよ。といってあります。
特に公文さんなどで計算力を極限まで鍛えているケースでは、
乗法公式に当てはめることが窮屈という場合もあります。
ただ、その計算力が高校行って通用するかどうかは別物なので
やり方だけでも覚えるように指導はしますが。
④は苦手な生徒さんは、とことん苦手です。
何をどうしてあげればいいかがわからない。
ある意味ゴールは提示されているのだから、そこに
言葉は悪いですがどうこじつけるか。
これは、一部の生徒さんにとってはパラダイムシフト
なのですね。
これにも一つ考え方のコツがあるので、
これが身につくとあっという間に解けるように
なるのですが。。。
授業ではこの点を中心に進めさせてもらっています。
来週は平方根編になるかな。
まずは、基本的な計算は家でするようにしてもらっています。
それを塾でするのはもったいない。時間が。
解く様子は見たいのでどうしても問題演習は
していただいていますが、宿題にして、確認します。
量が必要な部分と考え方の質を必要とされる部分が少し
違いますので。。
札幌市中央区 小中高学習塾 PAT共育ゼミナール

Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Print this page
Print

共有をお願いします。。。PAT共育ゼミナール(札幌市中央区)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください