広告は入りません。

まあ、お金がないのはあるのですが、
なんといっても△なので・・・。
うちは広告を入れません。
知っていただくためには必要なのですが、
広告宣伝費も生徒さんの受講料から出ています。
1回折り込みを入れると、約30万近くの
お金が必要になります。それかける回数ですから。
うちの生徒さんの受講料にして20か月分。
あるいは20人分と言い換えられます。
それで生徒さんが増えれば、僕一人では面倒見きれなく
なります。
まあ、限界数の70名までは随分と余裕があるので
もっと増やさないといけないのではありますが。
見きれなくなり、
どこかの学生さんを募集してきて、
授業の体だけ整えるというのは、消費者に対する背徳行為だと
僕は考えてしまうのです。
今一人やってもらっている非常勤にしても
僕の教え子で、中3から高3まで様子を見てきている
方なので。。。まあ、信頼できます。
価格などの形で転嫁しないとすれば、
出さない。紹介で増やしてもらう。それが
一番なのかなと考えています。
広告を出す→生徒が増える→指導がよくなる
とどこの学習塾も言います。
ほんとの仕組みは
広告を出す→生徒が増える→クラスを分ける
→塾が教えやすくなる。
→塾としての収益が上がる。
だし、
成績のいい子を集める→指導力がなくても自分で勉強する
→実績が上がる。
→塾の経営が楽になる。
クラスを分けたときにいい先生が成績の悪いクラスを
多分担当はしない。(塾にとってプラスにならない。)
多分に成績の悪いクラスは放置されて、自宅の近所の塾のように
授業が成立しなくなる。
そこにお客様目線は存在しない。
学習塾は特別な業態だと僕は思っていません。
あくまでもサービス業なのです。
ほかのサービス業よりは癖があるかもしれないが。。。
お客さんを中心に考えられないのあれば、
滅びるのも仕方ないと思います。
営利だけ考えるのならば、もっといい業態はいくらでもあるし。
PAT共育ゼミナール札幌市中央区学習塾代表のブログ

Email this to someone
email
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on LinkedIn
Linkedin
Print this page
Print

共有をお願いします。。。PAT共育ゼミナール(札幌市中央区)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください